勘違いしがちなこと|おすすめの3dプリンターはコレだ!用途を考えて選べば間違いなし
メンズ

おすすめの3dプリンターはコレだ!用途を考えて選べば間違いなし

勘違いしがちなこと

レディ

欲張らない

3Dプリンターの導入を検討している、もしくは以前に購入したがあまり良くなかったということを経験したという人も沢山います。3Dプリンターを導入するにも、注意しなければならない点があるため、把握しておくとよいでしょう。まず、大きなものを作れる3Dプリンターほど優秀だと考えている経営者は意外と多いです。確かに作業の幅が広がりますし、小さなものしか作れない3Dプリンターなら数回に分けなければならないところを、一度で済むわけですから手間も時間も節約できます。ただし、大きくなればそれだけ歪みや反りといった精度に支障が出るケースもあるため、結果的に小分けにして作る羽目になってしますのです。3Dプリンターを選ぶ時にはどれだけ正確に作れるのかに重きを置いておくのが良いです。

造形方法で選ぶ

3Dプリンターには光造形、粉末焼結、熱溶解積層、インクジェットという四つに分けられます。しかし、それぞれにメリットが違うため、それらを正確に把握した上で、どれにするのかを決めましょう。とりあえず確認のために3Dプリンターを使ってパーツを作りたいのであれば、熱溶解積層でも構わないですが、高い精度でしかもたくさん作る必要がある場合は、光造形にしておく方が無難と言えます。迷うのでとりあえず高性能の3Dプリンターにしておくという場合もあるのでしょう。しかし、そうなると金額はどこまでも上がりますし、それに比例して機械自体も巨大化していくので、スペースが必要になります。どちらも無理なく確保できるなら問題ないですが、そうでないなら面倒臭がらずに検討したいものです。